<金口木舌>親知らずの哀れ、丈夫な歯

 親知らずを抜いた。“ペンチで引っこ抜かれる”という子どもじみた恐怖にとらわれ、ちくちく感じる間にさっさと抜き終わった

▼周囲の歯の治療や健康の妨げになるからと、長年親しんだ奥座敷を追われた歯も哀れか。上の乳歯は家屋の縁の下、下の乳歯は屋根の上に投げ、丈夫な永久歯が生えるのを願ったのどかな子どものころを思い出す
▼小説「冷血」(髙村薫著)で、ある罪を犯して転落する男は激しい歯痛持ちだ。少年時代から歯の治療をせず、腐った親知らずの歯根は噴火の熱源となる。思考が停止するほどの歯痛と冷血な犯行が痛ましく呼応する
▼以前同僚が取材した50代の女性は前歯が3本。長年家族の介護に追われ、医者にかかるお金がなかった。そもそも「歯の大切さを教わったことがない」。歯のことで就職の面接もうまくいかない
▼経済的困窮者を対象とした無料・低額診療(無低診)を知り、全額費用免除で人工歯を入れた。「全部歯があるのは何十年ぶり。新しい自分になったみたい」。素朴な喜びを希望につなげた姿を覚えている
▼3人に1人は貧困。県は初めて県内の子どもの貧困率を調査した。全国では親の意識の低さや生活困窮による無受診から子どもの“口腔(こうくう)崩壊”なる事態も起きていると聞くが、県内はどうだろう。広がり始めた食の支援とともに、子どもの健康もしっかりと見守ろう。