金口木舌(2011年5月31日)

 俳優の山本太郎さんが所属事務所を辞めた(29日付社会面)。脱原発発言が背景にあるようだ。福島第1原発事故以来、放射能汚染の危険をネットで訴え、デモにも積極的に参加してきた

▼年間20ミリシーベルトという文部科学省の被ばく量基準については「殺人行為です」と痛烈に批判。福島の子どもたちの未来を憂い、疎開を勧めている。23日には父母らと一緒に文科省に抗議した
▼その後、ドラマを降板したと明かし、自らの意思で事務所を辞めたという。芸能界には、脱原発を言い出すと締め出されてしまう風潮があるのだろうか。「ニッポンは一つ」が声高に叫ばれる中、異論を唱えることは横並びの日本社会では難しいのか
▼大阪府の橋下徹知事率いる大阪維新の会が、君が代の起立斉唱を教職員に義務付ける条例案を出した。1999年の国旗国歌法成立の際、政府は「強制しない」と答弁していたが、風化したのか
▼国への愛着は自然に培われるもの。好きではない人に好きになれと無理やり押し付けても、心は変わらない。思想・良心の自由を脅かす上に、自由な教育の場が窮屈になってしまう。寛容の精神が不可欠だ
▼70年前、この国は異論を許さぬ重い空気に覆われていた。少数意見を認めず、人々が一色に染まることほど危険なことはない。違う考え方を排除する社会を、もう二度とつくってはいけない。