岡田・北沢氏来県 米国へのアリバイづくりだ

 民主党の岡田克也幹事長が4日、来県する。沖縄の声に耳を傾けるのが目的というが、基地問題に関しては聞き流すだけで終わるのが目に見えている。もしそうならば、いくら「守礼の邦(くに)」でも、素直に歓迎できない。
 岡田氏は外相在任中の昨年5月、日米安全保障協議委員会(2プラス2)で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を再確認する共同声明に合意した責任者だ。政治家主導の政治を掲げた政権公約(マニフェスト)とは裏腹に、いち早く官僚に取り込まれた印象が強い。

 普天間飛行場は県外・国外に移設するか無条件に撤去するのが大多数の県民の意向だ。岡田氏はことし既に2度来県し沖縄側の要望を聞いたはずだが「日米合意以外の答えはない」との態度を堅持している。地元の意見に耳を傾けるのは形だけと見られても仕方ない。
 岡田氏と共に共同声明に合意した北沢俊美防衛相も7日に沖縄入りする。普天間飛行場代替施設の滑走路をV字形で進める考えを仲井真弘多知事に伝える見通しだ。
 岡田、北沢両氏が相次いで来県するのは、政府・民主党が沖縄の理解を得るべく努力している姿勢を米国政府や野党にアピールするのが真の狙いだろう。眼中にあるのは県民ではなく米国だ。日米合意を金科玉条とし、最初から聞く耳を持たないのなら、面談する知事らもアリバイづくりに付き合わされる存在でしかない。
 北沢氏は4月末、レビン米上院軍事委員長に対し「知事と率直に意見交換し解決できるようにしたい」と述べた。県民代表を軽んじる発言だ。仲井真知事は昨年「普天間飛行場の県外移設を求める」と公約し再選された。県内移設受け入れを迫るのは公約の破棄を要求するに等しい。米軍再編見直しの政権公約をほごにした民主党の政治家と同類と見ているのなら、これ以上の侮辱はあるまい。
 平良幸市氏(後の知事)は復帰前の琉球政府立法院議員当時、理不尽な米軍施政を踏まえ、沖縄訪問国会議員団に「何のかんばせ(顔)あって沖縄県民に相まみえんや、というお気持ちから(議員団は)おいでになるまいという声もあった」と不満を示した。
 仲井真知事は、公約破りを促す岡田幹事長や北沢防衛相に「マニフェストを守れ」と逆に喝破すべきだ。沖縄の気骨を見せてほしい。