エンタメ

『ミス・シェパードをお手本に』 81歳マギー・スミスの素晴らしいツンデレ演技!

 (C)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

 自由気ままなおばあさんのホームレスは15年もロンドンの劇作家宅の駐車場に住んでいた―。劇作家のアラン・ベネットが実際に体験した、不思議な話を映画化した作品です。主人公のミス・シェパードを演じるのは実際に舞台で同役を演じた女優のマギー・スミス。なんと、現在81歳の彼女が素晴らしい演技を見せてくれます。

 主人公のミス・シェパードはロンドンのお洒落タウン・カムデンのストリートに路上駐車したおんぼろのバンに住んでいるおばあさん。周りの目なんて気にすることなくペンキで車をイエローに塗り替えたりと、うらやましいくらい自由!

 近所に住んでいる劇作家のベネットはある日、路駐をとがめられている彼女を見かねて、自分の家の駐車スペースを使うよう提案します。もちろんベネットにしてみれば一時的な対策だったのですが、ミス・シェパードはそこから15年も居座っちゃうのです。やたらとプライドが高くて気難しいミス・シェパードに手を焼きながらも、ベネットは彼女とのやりとりをどこか楽しんでいる様子。本名すらも分からない、謎だらけの彼女に興味を持ち始めます。

 二人の間に育まれていく「友情」と確実に進んでいく「老い」、ラストに明かされる彼女の悲しい秘密をゆったりとした時間の流れの中で丁寧に描いた秀作です。遊園地の乗り物に乗ったときと、坂道を車椅子で滑走するときのミス・シェパードのツンデレな表情がかわいすぎました! ★★★★☆(森田真帆)

監督:ニコラス・ハイトナー

出演:マギー・スミス、アレックス・ジェニングス

12月10日(土)から全国順次公開


(共同通信)