エンタメ

「DVD=3」モリッシー『モリッシー25Live ジャパニーズ・エディション』 2013年、LAでのプレミアム・ギグが待望の再リリース

 モリッシー『モリッシー25Live ジャパニーズ・エディション』

 2016年秋の久々の来日公演では、突然のキャンセルもあり日本のファンをザワザワさせたモリッシー。本作はそんな彼のライブのなかでも「プレミアム・ギグ」の呼び声高い2013年ロサンゼルスはハリウッド・ハイスクールでのライブの模様を収録。同年にリリースされたDVDが価格を下げて待望の再リリースとなった。

 ロック界のカリスマの一人である彼の公演としては異例とも言える、1000人規模でのライブ。だからこその「プレミアム」なのだが、ぎゅっと凝縮された熱量が画面からも伝わってくる。

 そして何よりありがたいのは、日本語字幕がついていること。アクの強いモリッシーワールドを意識してか、「??」と疑問に思うような字幕もあるが、彼の歌声とともにその歌詞世界を日本語で堪能できるのは、ありがたいとしか言いようがない。

 それにしてもライブとは、アーティストのもつ世界そのものへの招待なのだと、本作を観てつくづく感じた。ライブ中に観客にマイクを向け、自らへの愛を語らせたり、「私は○○、モリッシーのためにギターを弾いています」など、自身への忠誠を誓わせるようなメンバー紹介。たくましい肉体に抱いたナイーブさを隠すこともなく、高らかにこの世の哀しみを歌う彼の姿に、なんだか勇気をもらった。

 (キングレコード・1900円+税)=玉木美企子

モリッシー25LIVE ジャパニーズ・エディション [Blu-ray]
キングレコード (2016-11-09)
売り上げランキング: 94,144


(共同通信)