芸能・文化

武田鉄矢が受験生激励 「すがった偶像は龍馬」

 受験生を激励した武田鉄矢(中央)=10日、東京都内

 「マルちゃん がんばれ!受験生 応援会2017」が東京都内の予備校で開かれ、歌手で俳優の武田鉄矢が特別講義と歌で受験生たちを激励した。

 今年で9回目の恒例イベントで、武田は「灰色と言われる受験生活ですが、灰色をはじき返して、自分なりの色を付けられれば、意義があるのではないでしょうか」とあいさつ。

 自身の浪人生活を「予備校に通わず、自宅で勉強をしていて仲間がいなかった」と振り返り、「すがりついた偶像は坂本龍馬だけ。毎朝起きて、写真に手を合わせていました」と語った。

 高知大などには不合格で、地元の福岡教育大に進学したという武田。福岡の街で、井上陽水や「チューリップ」などと交流し、フォークグループ「海援隊」を結成した。

 「人生の面白いところだねえ。憧れていた早稲田大や高知大に行っていたら、海援隊はなかった。失敗することによって、新たな道が開けるかもしれない」と力説。海援隊の中牟田俊男と千葉和臣も加わり、ヒット曲の「人として」と「贈る言葉」を熱唱した。

 受験生から、勉強中に気持ちを明るくする方法を問われた武田は「気持ちが暗くなるとエロ映画を見に行っていましたね。最近は、いいのがいっぱい出ているんだろ。あれを見て暗い気持ちになるやつはいない」と、豪快に笑い飛ばした。


(共同通信)