芸能・文化

SABU監督新作、コンペに 2月のベルリン国際映画祭

 映画「Mr・Long ミスター・ロン」の一場面

 世界三大映画祭の一つ、ドイツの第67回ベルリン国際映画祭(2月9~19日開催)の最高賞「金熊賞」を競うコンペティション部門に、SABU監督の新作「Mr・Long ミスター・ロン」(日本・ドイツ・台湾・香港合作)が選出されたと、映画祭事務局が10日発表した。

 三大映画祭で日本の監督作品がコンペ入りしたのは2015年のカンヌ国際映画祭以来。

 「Mr・Long―」は台湾のスター、チャン・チェンさんが、ナイフの使い手である殺し屋役で主演したアクションと人情劇を織り交ぜた映画。

 映画では、劇団EXILEの青柳翔さんが出演している。


(共同通信)