芸能・文化

大英博物館で北斎展 富嶽三十六景も展示

 大英博物館の特別展で展示される葛飾北斎の「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」(左)と「凱風快晴」=10日、ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】大英博物館は10日、今年5月25日から8月13日の日程で江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)の晩年の創作活動に焦点を当てた特別展「北斎―大波の彼方へ」を開催すると発表した。浮世絵「富嶽三十六景」のうち同博物館が所蔵する名作「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」も展示される。

 特別展は三菱商事の協賛で、計160点を展示。晩年の30年は北斎が特に高い創造性を発揮した時期といい、富嶽三十六景などを刊行した。

 オランダ・ライデンの国立民族学博物館が所蔵する肉筆画のほか、長野県小布施町の「北斎館」から祭り屋台の天井絵2点も展示される。


(共同通信)