政治

糸魚川大火、国として全面支援 首相、災害復興精通の職員投入

 新潟県糸魚川市で大火の現場を視察する安倍首相(手前右)=11日午前

 安倍晋三首相は11日、新潟県糸魚川市で昨年12月に発生した大火の現場を視察した。復旧に向けた支援の在り方や住宅密集地の防災対策に関し、米山隆一知事や米田徹市長、被災した商店主と意見交換。記者団に、国、県、市による「糸魚川復興まちづくり推進協議会」を発足させると表明し「国として全面支援するため、災害復興やまちづくりに精通した職員を投入する」と強調した。

 政府は住宅被害に対して、被災者生活再建支援法に基づく支援金を支給する方向だ。がれき撤去費用も公費で賄い、住民負担をなくすよう調整に入っている。首相は「夢や希望を持って前に進んでいけるようにしたい」と述べた。


(共同通信)