社会

JR東海道線が運行再開、愛知 線路脇の陥没復旧

 陥没したJR東海道線の線路脇付近で行われた復旧作業=11日午後、愛知県岡崎市

 JR東海は11日午後4時ごろ、愛知県岡崎市の東海道線岡崎―西岡崎間の線路脇にできた陥没の復旧を終え、運転を見合わせていた蒲郡―刈谷間の運行を上下線で再開したと発表した。11日は現場付近で徐行運転し、本数も減らした。12日からは通常通り運行する予定。

 同社によると、11日午前1時25分ごろ、西岡崎駅から東に約700メートルの橋付近で、係員が縦約8メートル、横約7メートル、深さ最大約1メートルの陥没を発見。一部で運転を見合わせていた。

 現場付近では、愛知県から委託を受けて線路の地下に新たな水路を造っていた。


(共同通信)