社会

徘徊高齢者の身元、静脈で特定 前橋市が社会実験

 前橋市は11日、認知症による徘徊がみられる高齢者の身元を手のひらの静脈認証で特定する社会実験を、群馬県高崎市のシステム開発会社と4月から始めると明らかにした。高精度で直ちに身元が分かるといい、担当者は「手のひらの静脈で行方不明者の身元を特定する取り組みは全国初ではないか」と話している。

 希望者は市役所で、手のひらの静脈パターンを機械で読み取り、専用の端末に身元情報とひもづけて登録する。保護された際、手を機械にかざしてもらえば、端末内のデータと照合できる。


(共同通信)