社会

元中野区臨時職員を逮捕 住民女性の個人情報盗んだ疑い

 面識のない東京都中野区の女性の部屋に侵入し、その後区役所の住民情報システムから女性の個人情報を盗み出したとして、警視庁捜査1課は11日、住居侵入と中野区個人情報保護条例違反の疑いで、中野区の元臨時職員高橋健一郎容疑者(29)を再逮捕した。黙秘している。

 捜査1課によると、高橋容疑者は、同区内で1人暮らしをする20~30代の女性5人に対する住居侵入や強制わいせつ容疑などで昨年7月以降に逮捕され、その後起訴された。うち3人と再逮捕容疑の女性の計4人については、自宅に侵入した後に住民情報システムから個人情報を抜き取っていたことが確認された。


(共同通信)