スポーツ

プロ野球新人選手に暴対の講義 ソフトバンク田中ら研修会

 プロ野球の新人選手研修会で、講義に臨むロッテ・佐々木(左)とソフトバンク・田中=11日、東京都内のホテル

 プロ野球の新人選手研修会が11日、東京都内で行われ、ソフトバンクの田中正義投手(創価大)やロッテの佐々木千隼投手(桜美林大)ら12球団の新人選手が暴力団対策などの講義を受けた。

 野球賭博問題の実例を含め暴力団関係者が選手に近づく手口などが示され、薬物乱用、ドーピング、脳振とうについての講義も行われた。田中は「『自分は大丈夫』と思っている人が危ない。より一層、厳しく注意していきたい」と言い、佐々木は「プロ野球界はいろいろなことがある。人ごとではないと思った」と表情を引き締めた。


(共同通信)