経済

ビットコイン取引所を検査 中国中銀、資本流出阻止か

 【上海共同】中国人民銀行(中央銀行)は11日、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の大手取引所の検査に着手したと発表した。マネーロンダリング(資金洗浄)や不正な為替取引などがないか調べる。海外への資本流出を食い止める狙いがありそうだ。

 人民銀行と北京、上海両市の金融監督当局などが検査チームを組織。大手取引所「OKコイン」など複数の取引所の検査を始めた。

 為替取引に制限が多い中国では、人民元でビットコインを買って外貨に交換する投資家が多い。人民元安と資本流出圧力の高まりを背景にビットコイン取引が過熱気味になっており、当局は市場の混乱を警戒している。


(共同通信)