国際

中台関係にプラスにならず 台湾当局が批判

 【台北共同】台湾で対中国政策を主管する大陸委員会の張小月主任委員は11日、記者会見で中国軍の空母「遼寧」の艦隊の台湾海峡通過について「いかなる脅威も(中台)両岸関係にプラスにならない」と中国を批判した。台湾メディアが伝えた。

 張氏は「(中台は)共に両岸の平和のために努力するべきだ」と強調。台湾住民に対し「政府は十分に国の安全を守る能力を持っており、過度に恐れる必要はない」と、冷静に対応するよう呼び掛けた。


(共同通信)