経済

NY株反発、98ドル高 トランプ氏会見で乱高下

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は原油相場の上昇を好感し、前日比98・75ドル高の1万9954・28ドルと3営業日ぶりに反発して取引を終えた。トランプ次期米大統領の会見を受けて、株価が乱高下する場面があった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は11・83ポイント高の5563・65をつけ、5営業日連続で終値最高値を更新した。

 11日はトランプ氏が大統領選後初めてとなる記者会見を開いた。インフラ投資など経済政策の詳細への言及に期待した買いが先行し、ダウ平均は午前中、2万ドル超えを狙う展開だった。


(共同通信)