経済

NY円、一時114円25銭 1カ月ぶり円高水準

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク外国為替市場の円相場はトランプ次期米大統領の記者会見を受けて急伸し、一時1ドル=114円25銭をつけた。昨年12月上旬以来、約1カ月ぶりの円高水準。

 大統領選後初めてとなるトランプ氏の会見の前には、減税などの経済政策への期待からドルが買われ、116円台後半まで円安ドル高が進んだ。その後は、会見で具体的な言及がなかったことが失望され、ドルが売られ円に買い戻しが入った。

 午後5時現在は、前日比36銭円高ドル安の1ドル=115円36~46銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・0577~87ドル、122円10~20銭だった。


(共同通信)