くらし

ヘビの子ども行方不明、名古屋 東山動植物園

 東山動植物園で行方不明になったカーペットニシキヘビの子ども(同園提供)

 名古屋市の東山動植物園は12日、休園中の動物園エリアにある自然動物館のバックヤードで飼育していたカーペットニシキヘビの子どもが行方不明になったと発表した。

 いなくなったヘビは体長約50センチ。毒を持たず、人に危害を加える恐れのある特定動物には指定されていない。同園の動物園エリアは13日から再開予定で「危険はない。もし見つけたら職員に声を掛けてほしい」としている。

 同園によると、巡回中の職員が1日にいないことに気付いた。館内を捜したが見つからず、プラスチック製の飼育箱のふたにも異常はなかった。


(共同通信)