スポーツ

五輪、都外仮設整備費400億円 小池知事が見通し示す

 共同通信きさらぎ会で講演する東京都の小池百合子知事=12日午前、東京都内のホテル

 東京都の小池百合子知事は12日、都内で開かれた共同通信きさらぎ会で講演し、2020年東京五輪・パラリンピックで都以外に整備される仮設施設の費用は300億~400億円との見通しを示し、「負担を押し付け合うのはやめて、大会組織委員会の財政を豊かにすることで協力していく」と述べた。

 開催経費の負担問題として焦点となっている仮設の整備費は、招致段階で組織委が全額負担することになっていたが、昨年12月に2千億円を都や開催自治体、国が負担する案が示された。これに対し、都外の自治体は支出に否定的な姿勢だ。


(共同通信)