エンタメ

『人間仮免中つづき』卯月妙子著 これを愛と呼ばずして

 

 2012年に発売され、壮絶で切実な日々の物語が大きな反響を呼んだ卯月妙子『人間仮免中』。その続編が発売された。

 前作で語られた夫の借金と自殺、AV出演に統合失調症、そして飛び降り自殺未遂、顔面崩壊、失明。著者の波乱に満ちた半生は、羅列しただけでも気が遠くなる。

そして本作で、25歳年上の恋人ボビーはそんな著者の暮らしに寄り添う……じゃない、ガチンコで向き合い、がっぷり四つに組んでいる。

 病状が悪化している時のことも壮絶な痴話ゲンカを繰り返している時も、卯月の筆致にはユーモアと希望が感じられる。血を流しながら、命懸けで笑っているように思えるのだ。その視線の先にいるのはきっと、大切な人の存在。こんなことがあったねってあとで笑い合うために描かれているのではないか。そう、本作は私たちへののろけ話であり、二人の思い出のアルバムであり、卯月妙子から夫となったボビーへの、長い長いラブレターだ。人の幸せになんか1ミリも興味なかったはずなのに、深い溜息をつきながら最後のページを閉じた。

 生きてるって、最高だ。たとえどんな死が待ち構えていようと、今生きていること、それだけで私たちは希望に満ちている。そして願わくば、生も死もキレイも汚いも全部、この人の全部を抱きしめたい、この人に抱きしめて欲しい、そう思える相手が見つかれば尚のこと良しだな。つまり、あれだ。平たく言うと、くっそー、いいな愛。あのね、愛とか言いたくないんですよ陳腐だから。でもね、これを愛と呼ばずして何を呼ぶ。

 もう、おめでとう!最高!(小学館 1400円+税)=アリー・マントワネット

人間仮免中つづき (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
卯月 妙子
小学館 (2016-12-12)
売り上げランキング: 2,475


(共同通信)