政治

新潟前知事ら給与返納へ フェリー問題で監督責任

 新潟県と極東ロシアを結ぶ日本海横断航路開設に絡む中古フェリーの売買トラブルで、県は17日、泉田裕彦前知事と森邦雄前副知事の監督責任を問い、減給10分の2(1カ月)の処分に相当すると発表した。同日付で自主返納を求め、2人とも応じる意向を示したという。交通政策局長も10分の1(1カ月)の減給処分とした。

 記者会見した米山隆一知事は「さまざまな段階で(トラブルは)防げたはず。再発防止に努めていく」と話した。

 県の特別調査委員会は原因について、県庁内部や三セクとの間で情報伝達や指揮系統が機能していなかったと結論付けていた。


(共同通信)