エンタメ

「DVD=1」 キセル『野音でキセル2』 夏の終わり、不思議な熱を帯びて

 キセル『野音でキセル2』

 2015年8月30日に開催された、キセルの2度目となる日比谷野外大音楽堂でのワンマン公演を完全収録した一本。当初はレーベルからの通販のみだったが、多くの反響に応えてこのたび一般リリースとなった。

 この日、日比谷には雨が降っていたようだ。しかし、映像には夏の香りがたっぷりと詰まっている。それもそのはず、セットリストは思いっきり夏を意識して組まれていたようだ。

 「雨、やんだ?」「夏、行っちゃいましたね」。予想とは裏腹の天候に困惑したような二人のMCに、思わずクスッとさせられるが、しかし、この映像から放たれる「夏」感は、すごい。図らずも、かもしれないが、現実と映像作品の間に生まれる心地よいゆがみの妙を感じる作品となっているのではないか。

 ゆるやかにはじまった序盤、徐々に熱を帯びダンサブルな楽曲に身体を揺らす中盤。アレンジが楽しい細野晴臣のカバー『終わりの季節』もよかった。ほどよい倦怠感、声のゆらぎ。予定のない休日に、ゆるり観るのにぴったりだ。

(カクバリズム・2976円+税)=玉木美企子

野音でキセル2 [DVD]
野音でキセル2 [DVD]
posted with amazlet at 17.04.19
カクバリズム (2017-03-08)
売り上げランキング: 6,553

(共同通信)