政治

25日の参考人質疑実施を議決 「共謀罪」法案、野党反発

 法務省幹部の参考人出席を巡り野党が抗議する中、開会した衆院法務委員会。右端は金田法相=21日午前

 衆院法務委員会は21日、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を審議し、与党などの賛成多数で25日の参考人質疑実施を議決した。民進、共産両党は、審議が不十分なまま早期の衆院通過を図っていると反発している。

 捜査機関による乱用の懸念に関し、法務省の林真琴刑事局長は「裁判所の審査機能があり、捜査機関が恣意的な運用ができない仕組みになっている」と述べた。自民党の藤原崇氏への答弁。


(共同通信)