芸能・文化

不正はないと文春編集長 新潮は「反省ない」と批判

 発売前の「週刊新潮」(新潮社)の中づり広告を出版取次業者から文芸春秋が入手していた問題で、「週刊文春」の新谷学編集長は18日、「情報を不正、不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりした事実は一切ない」とする読者向けの反論メッセージを公式サイトに掲載した。

 一方、週刊新潮編集部は同日、「潔く非を認めない文春編集長の対応は驚きだ」として、広告の入手は正当な情報収集に当たらず「アンフェアな編集姿勢を反省しようとせず残念だ」と批判するコメントを発表した。


(共同通信)