経済

「米抜きTPP実現を追求」 石原氏、閣僚会合に出発

 ベトナムへ出発前に取材に応じる石原経済再生相=19日午前、羽田空港

 石原伸晃経済再生担当相は19日、米国を除く11カ国で協議する環太平洋連携協定(TPP)閣僚会合が21日に開かれるベトナムのハノイに向けて出発した。

 TPPは1月に米国が離脱し、発効が見通せなくなったことから、声明で結束の維持を確認し、発効の在り方に関して明確な方向性を打ち出すことを目指す。

 石原氏は出発前に羽田空港で取材に応じ「TPPは経済的な利益だけでなく、戦略的な意義があり、しっかり実現を追求する」と意気込みを語った。

 早期発効に向け11月のAPEC首脳会合までの合意のほか、米国が復帰しやすい仕組みを検討することを盛り込む方向で調整している。


(共同通信)