政治

初の空路墓参、6月18日軸 北方領土の元島民

 日ロ両政府は、北方領土への航空機による元島民の初めての墓参を、6月18日を軸に実施する方向で調整に入った。参加者は70人規模で、北海道・中標津空港から空港のある国後、択捉両島に向かう見通しだ。日ロ外交筋が19日、明らかにした。

 空路利用の墓参は、高齢化が進む元島民の負担軽減を図るのが狙い。安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が昨年12月の会談で、元島民による4島訪問手続きの簡素化で一致。今年4月の首脳会談では空路利用の墓参を6月中に行うことで合意しており、両政府が具体的計画を詰めている。


(共同通信)