国際

イラン大統領選、一騎打ち 「核合意」成果巡り対決

 イラン大統領選の投票のため列を作る女性たち=19日、イラン中部コム(AP=共同)

 【テヘラン共同】任期満了に伴うイラン大統領選の投票が19日、全土で一斉に行われた。核兵器開発疑惑に伴う国際的な孤立を脱し、米欧との協調に転じた「核合意」の評価が最大の争点。合意を主導した穏健派の現職ハッサン・ロウハニ大統領(68)と、保守強硬派イブラヒム・ライシ前検事総長(56)による事実上の一騎打ちだ。

 政府系世論調査機関筋によると、最終盤ではロウハニ師が優勢。ただ内務省は世論調査結果の公表を禁じた。有権者数は約5640万人。19日夕(日本時間同夜)に投票を締め切り、20日にも大勢が判明する見通し。


(共同通信)