芸能・文化

将棋の藤井四段、歴代最多に王手 最年少棋士27連勝

 アマチュアの藤岡隼太さん(左)を破り、自身の歴代単独2位の公式戦連勝記録を「27」に更新した藤井聡太四段=17日午後、大阪市の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は17日、大阪市の関西将棋会館で指された朝日杯オープン戦1次予選でアマチュアの東京大1年藤岡隼太さん(19)を破り、自身の歴代単独2位の公式戦連勝記録を「27」に更新し、歴代最多の28連勝にあと1勝と迫った。

 最多記録は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した。昨年12月のプロデビューから無敗を続ける中学生棋士は、次の対局に勝てば30年ぶりの偉業達成となる。

 タイ記録が懸かる次回の対局は21日、王将戦1次予選で若手実力者の澤田真吾六段(25)と対戦する。


(共同通信)