社会

口の形を読み取って…クイズで宿泊券

秋田コンベンション協会が作製した観光ポスター=同協会提供

 秋田観光コンベンション協会(秋田市)は、ほほ笑みかける6人の「秋田美人」の口の形を読み取り、どんなメッセージを発しているかを当てるクイズ形式の観光ポスターを作製した。秋田市内の飲食店や首都圏のJR主要駅に掲示されており、正解者には抽選で市内ホテルの宿泊券や県特産品が当たる。

 市のイメージアップのため、協会が「出題編」として1950枚作製した。市在住の10〜20代女性6人に登場してもらい、千秋公園やポートタワーセリオンなど6カ所で撮影した。

 ポスター作製は6回目。過去の正解には、「あきたであおう」(2014年)「あいらぶあきた」(15年)などがあった。

 解答の受け付けは、同協会の特設サイトから。締め切りは2月28日。正解は3月にこのサイトで発表する。発表後は、正答が入った新たなポスターも各所に掲示する予定。問い合わせは同協会(電話018・824・1211)。【松本紫帆】


(毎日新聞)