経済

入社式2000人超が出席

新入社員に辞令を交付するトヨタ自動車の豊田章男社長(左)=愛知県豊田市で3日、小倉祥徳撮影

 トヨタ自動車は3日午前、愛知県豊田市の本社で入社式を開いた。出席した新入社員は2151人。事務職174人のうち女性は半数超の93人で、前年の79人から増えた。

 豊田章男社長は新人への訓示で、今年で創業80年を迎える同社の経営環境が新たな転機を迎えていると指摘した。日本からの自動車輸出を問題視しているトランプ米大統領の就任などを挙げ「世界はこれまでにないスピードと大きさで変化しており、自由主義など(従来の)常識にさえ疑問を投げかけている」と危機感を示した。

 その上で「『クルマづくりを通じて社会に貢献する』のが私たちの変わらぬ企業理念。原点に立ち返りながら、一緒に前へ進んでほしい」と呼びかけた。【小倉祥徳】


(毎日新聞)