社会

ふっかちゃんミュージアム 埼玉・深谷

道の駅はなぞのにオープンする「ふっかちゃんミュージアム」=埼玉県深谷市小前田で2017年5月18日午後2時18分、三股智子撮影

 埼玉県深谷市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」が、ゆるキャラグランプリで獲得したトロフィーやファンからのプレゼントを展示する「ふっかちゃんミュージアム」が20日、道の駅はなぞの(同市小前田)にオープンする。ぬいぐるみや缶バッジなど関連グッズ約300種類の販売もしており、同ミュージアムは「ふっかちゃんと触れ合い、深谷のことも好きになって」とアピールしている。

 道の駅はなぞのは、熊谷から秩父に向かう国道140号バイパス沿いに1998年に開設し、今月リニューアルオープンした。ミュージアムは2階に設けられ、ふっかちゃんが毎日登場してファンと触れ合う。ゆるキャラグランプリで最高2位(2014年)を獲得するなど、全国的な人気を誇るふっかちゃんの初めてのミュージアムとなる。

 同じ2階には、本庄市の人気パン店「ベーカリーズキッチン オハナ」の2号店が入居。1階の地元産品の売り場も新しくなった他、深谷市登録有形民俗文化財の祭り屋台3台が常設展示される。

 20、21の両日は記念イベントが開催され、祭りばやしの披露やグッズが当たる抽選会がある。人気の自治体キャラなど「ふっかちゃんのおともだち」もお祝いに駆け付けるという。【三股智子】


(毎日新聞)