経済

福袋求め長蛇の列 県内各地で初商い

初商いで福袋を買い求める人々=2日、那覇市のデパートリウボウ

 新年を迎え県内の商業施設は買い物客でにぎわった。那覇市久茂地のデパートリウボウでは2日、初商いが行われ、福袋を買い求める家族連れらが長い行列をつくっていた。

 リウボウでは用意された福袋7千個を目当てに午前4時半から順番待ちの人が並び始め、開店の午前9時半には4千人の行列ができた。
 行列の先頭に並んでいた仲尾次信生さん(34)=会社員、与那原=は「欲しかった服飾ブランドの福袋(1万800円)の中に3枚のシャツが入っており、お得な買い物だった」と声を弾ませた。
 お目当てだった財布有名ブランドの福袋(同)二つを手に入れた比嘉美知子さん(49)=浦添市=は「毎年、この日を楽しみにしている。欲しかった福袋も手に入って満足」と話した。