経済

自慢の品、172団体出展 「花と食のフェス」奥武山で開幕

色とりどりの花や野菜と多くの来場者でにぎわう会場=6日、那覇市の奥武山公園

 「おきなわ花と食のフェスティバル2016」(同推進本部主催、本部長砂川博紀JAおきなわ理事長)が6日、那覇市の奥武山公園で開幕した。7日午後6時まで。「地産地消」をテーマに、県産畜産物をその場で味わえるバーベキューコーナーや「琉神マブヤー」と連携した地産地消PRブース、農産物の品評会など多彩な催しが予定されている。会場全体に県内各地の特産品が並び、来場者は舌鼓を打った。

 フェスティバルには172団体が出展。今回新たに、県産農水産物を使った加工品を試食して順位を決める「おきなわ島ふ~どグランプリ」など参加型イベントも設けている。会場では、千円で1300円分の買い物ができるプレミアム商品券も販売している。
 同日午前に行われた開会式で砂川理事長は「沖縄の花と食に関する情報が満載だ。沖縄の素晴らしい食文化を再発見してほしい」とあいさつした。
 糸満市から家族4人で訪れた金城和子さん(45)は「普段はお目にかかれない特産品がたくさん並んでいるのが楽しい。きょうは県産野菜と肉をいっぱい買うつもりだ」と笑顔を見せた。




琉球新報