地域

水浴びゾウご満悦 こどもの国

 暑い日が続く中、沖縄市の沖縄こどもの国は、インドゾウに水浴びさせるなど、動物の暑さ対策に細心の注意をはらっている。

 沖縄で初めての夏を迎えるインドゾウのラフル(雄)とデビィ(雌)の2頭は、飼育員に水を掛けてもらいながら、デッキブラシで体を洗われると、鼻を持ち上げ、うれしそうな表情を見せていた。
 暑さが増し、同園はラフルとデビィの水浴びをこれまでの1日1回から午前と午後の2回に増やした。
 比嘉源和飼育課長は「水分の多いバナナの葉や幹をやり、体調管理に気を付けたい」と話していた。




琉球新報