社会

沖縄本島近海地震 世界遺産の城壁が一部崩落 勝連城跡

 【うるま】27日午前5時31分ごろ発生した沖縄本島近海地震の影響で、世界遺産に登録されている、うるま市勝連の勝連城跡の一部城壁が崩落した。

 崩落したのは、城跡の外郭にあたる三の曲輪(くるわ)と呼ばれる城壁北東部の一部。
 市消防によると、縦7メートル、横6メートルの範囲で崩落し、積まれていた石の一部が約50メートル下まで落ちた。人への被害などはない。【琉球新報電子版】