教育

お~きな口のサメ解剖 メガマウス、触れる標本に

 【本部】大きな口を持っていて、世界でも珍しいサメの仲間「メガマウスザメ」の解剖が2日、本部町の沖縄美ら海水族館で行われた。
 メガマウスザメはジンベイザメと同じように、プランクトンなどの小さな生き物を食べている。

昼間は深い海の中で生活していて、夜には食べ物を探して浅い海まで来ることもある。漁師でも捕まえることはほとんどないという。
 解剖されたメガマウスザメは体の長さが約3・7メートル、重さは約361キロで、茨城県の近くで見つかった。心臓など内臓を取り出して、手で触ることができる標本にして公開する。
 水族館の内田詮三館長は「沖縄の近くの海でもメガマウスザメは生活しているはず。いつかは水族館でも飼育したい」と話した。