社会

きょう土用丑の日 ウナギで夏を乗り切れ

土用丑の日に向けた、ウナギの蒲焼き作り=28日、那覇市の彦本店

 29日は、土用の丑(うし)の日。那覇市おもろまちの「彦」本店では28日、通常の10倍に相当する千食分を用意するため仕込みに追われていた。

 梅雨が明けて暑さが厳しくなるとともに、同店では提供数が伸びているという。ウナギ場料理長の与儀実克さん(48)は「ことしのウナギは脂がのっていておいしい」と太鼓判を押す。
 “秘伝のたれ”をつけながらウナギを焼き上げていた与儀さんは「スタミナ食なので、ウナギを食べて暑い夏を乗り切ってほしい」と話した。




琉球新報