経済

「オキカ」始動 まず、ゆいレールから

「オキカ」の運用開始式を開く沖縄都市モノレール関係者ら=20日午前、ゆいレール那覇空港駅

 沖縄初のカード型IC乗車券「オキカ」の利用が20日、那覇市の沖縄都市モノレール(ゆいレール)で始まった。併せてQRコードを印字したQR乗車券も導入され、改札機に触れるだけで入場できるようになった。

当面は従来の磁気券も使えるが、30日から非接触式に全面移行する。オキカは来年4月から沖縄本島の路線バス4社にも導入され、ゆいレールとの乗り継ぎ割引も始まる。
 オキカは、カードを返却すれば戻ってくる保証金500円を含む千円から購入できる。県内限定で全国では使えない。
 カードを運用する沖縄ICカードの仲吉良次社長(沖縄都市モノレール社長)は、那覇空港駅での運用開始式で「『オキカ』には沖縄の暮らしが変わるという思いが込められている。離島船舶やタクシー、電子マネー機能への拡張も視野に入れている。常に身近な存在となるよう努力していく」とPRした。
 川上好久副知事は知事あいさつを代読し「公共交通の利便性のより一層の向上を図るものだ。那覇空港第2滑走路の供用開始が予定され、観光客の移動手段として公共交通の役割がますます重要になる。県は公共交通ネットワークの整備を積極かつ重点的に推進していく」と述べた。
 新システムを初めて利用した那覇市の女性会社員は「便利になる。以前は東京に住んでいてどこでもICカードが利用できた。やっと沖縄でも使える。全国共通のカードでつなげられればもっとよかった」と話した。
 ゆいレールは全面移行を前に既存のプリペイドカードの払い戻しにも応じている。