<用語>地域防災計画

 1961年制定の災害対策基本法に基づき、災害時に地方自治体が取るべき措置を定めた計画。都道府県と市町村に作成が義務付けられている。災害を想定し住民への情報提供、避難などの応急活動のほか、災害復旧の具体策なども盛り込む。地震については避難所や救援物資の輸送経路、食料備蓄などを明記する。