斎場御嶽

 琉球開闢(かいびゃく)の7御嶽の一つで沖縄最高の聖域。最高神女・聞得大君(きこえおおぎみ)の即位式の行われた祭場であり、琉球国王の行幸・東御廻い(あがりうまーい)のあった御嶽でもある。首里の園比屋武御嶽から与那原町、南城市の拝所を巡る東御廻いは次第に平民も行うようになり、現在でも門中単位で行われている。