社会

投稿への思い共有、100人親睦深める 琉球新報投稿者の集い

第17回新報投稿者の集いで乾杯する参加者ら=20日午後6時40分、那覇市泉崎の琉球新報泉崎ホール

 新聞週間に合わせて投稿者同士の親交を深めようと、琉球新報社は20日、「第17回新報投稿者の集い」を那覇市泉崎の新報ホールで開かれた。オピニオン面の投稿者やその家族ら約100人が参加した。投稿に対する思いなどを互いで共有し、親睦を深めた。

 琉球新報社の富田詢一社長は「新聞社に対していろいろな意見があると思うが、その声が紙価を高めている。新聞への投稿をはじめ、新聞社は読者によって支えられている」と感謝の言葉を述べた。【琉球新報電子版】



関連するニュース