政治

オスプレイの構造的欠陥、リボロ氏が指摘 ハワイ事故要因

 レックス・リボロ氏

 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】米国防研究所(IDA)でオスプレイの主任分析官を務めたレックス・リボロ氏は24日、米ハワイ州オアフ島で発生したMV22オスプレイの着陸失敗事故の調査結果について本紙の取材に回答した。

 事故を受け、米軍が砂やちりが巻き上がる状況下での着陸に許される時間を短くするよう運用規則を改めたことを挙げ「将来、似たような事故を防ぐに十分であろう」としつつ、シリアやアフガニスタンのような砂漠地帯など悪条件下では「役に立たない」と指摘し、オスプレイに構造的な欠陥があり、パイロットの操縦ミスと重なることで今後も事故が発生するとの見方を示した。
 リボロ氏は「この(悪条件での運用の)問題はずっと知られてきた。フライトマニュアルは操縦士に悪条件下での飛行について十分な手引を与えていない」と述べ、事故を回避するための運用状態が整っていなかったと指摘した。2010年4月にアフガニスタンで米空軍のCV22オスプレイが墜落した事故も今回と同様の問題があったのではないかと分析した。
 オスプレイの評価については「平時の運用では素晴らしい航空機だが、戦闘下では実用性が厳しく制限されてしまう」との見解を示した。



琉球新報