政治

佐喜真、志村氏が論戦展開 宜野湾市長選公開討論会

健闘を誓って握手を交わす宜野湾市長選挙立候補予定者の佐喜真淳氏(右)と志村恵一郎氏=7日午後、宜野湾市民会館

 【宜野湾】琉球新報社と沖縄テレビ放送、ラジオ沖縄は7日、17日告示、24日投開票の宜野湾市長選挙に向けて、立候補を表明している現職の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦、新人で翁長県政与党の支援を受ける志村恵一郎氏(63)の2氏を招いた公開討論会を開催した。多くの市民らが見守る中、2氏は市政の課題について熱い論戦を交わした。

 米軍普天間飛行場返還・移設問題について、佐喜真氏は「9万7千余の生命財産を預かる市長として、避けなければならないのは固定化だ。1日も早い閉鎖返還に取り組みたい」と述べた。対する志村氏は「県外、国外という条件は付けない閉鎖返還もあり得るとの立場だ」と述べ、名護市辺野古への移設によらない解決を求めた。【琉球新報電子版】



琉球新報