政治

辺野古沖で掘削作業継続

名護市辺野古の新基地建設に反対し座り込む市民らを排除する県警や警視庁の機動隊ら=8日午前7時1分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で8日午前、長島付近のボーリング(掘削)調査地点に設置されたスパット台船から掘削棒が海中に下ろされ、台船上には作業員らの姿が確認された。

午前10時半現在、掘削作業中とみられる。工事に反対する市民らは資材搬入口の米軍キャンプ・シュワブゲート前や海上で抗議行動を続けている。
 午前7時ごろ、工事関係とみられる車両20台余が基地内へ入った。L型の擁壁とみられるコンクリート製資材を積載していた。午前9時5分ごろには車両が基地外に出た。
 市民らがゲート前に座り込んで抗議したが、県警や警視庁の機動隊員が排除した。午前10時半現在、60人余がゲート前に座り込んでいる。
 米軍北部訓練場の一部返還に伴い、ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設計画が進む東村高江などで抗議行動を続けている奥間政則さん=土木建築業=も座り込みに参加した。県赤土防止条例に触れ「県の条例は効力がある」などと県条例を駆使した新基地建設の阻止を訴えた。
【琉球新報電子版】



琉球新報