政治

翁長知事「勝利を確信」 裁判所前激励集会 代執行訴訟

代執行訴訟の第2回口頭弁論前の激励集会であいさつする翁長雄志知事(中央)=8日午後1時すぎ、那覇市楚辺の城岳公園(又吉康秀撮影)

 「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」(オール沖縄会議)は8日、名護市辺野古沖の埋め立て承認取り消しをめぐり国交相が県知事を訴えた代執行訴訟第2回口頭弁論が始まる前に、福岡高裁那覇支部向かいの城岳公園で翁長雄志知事と弁護団を激励する集会を開いた。雨の中、約500人が集まり、翁長知事や弁護団にエールを送った。集会に出席した翁長知事は「勝利すると確信している」と決意を表明した。

 翁長知事は「情熱を持って結集したことに、大変、勇気づけられた。県民の民意が正しいんだということをしっかり訴えていきたい」と述べ、集会の開催に感謝した。「ことしは宜野湾市長選、県議選、参院選と重要な選挙がある。私はその先頭に立つ。私たちのこの思いを必ず将来の子や孫に引き継いで、彼らが21世紀の沖縄の扉をさらに開いていくと信じ、頑張っていきたい」と話した。



琉球新報