スポーツ

上本部ドジャースが栄冠 少年野球伊江島交流試合

 【伊江】第14回少年野球伊江島交流試合(同実行委員会主催、琉球新報社共催)最終日は10日、伊江村青少年旅行村野球場などで決勝まで行われ、上本部ドジャースが伊江NYCを7-3で下し、2年ぶり2回目の優勝を飾った。

 上本部は初回、先頭の仲田が中前打で出塁し、3番名城から3連打で一挙3点を先制。四回にも1点を加え、試合を優位に進めた。NYCは五回に連続四球と3番阿波根の左二塁打で2点を奪い返すも、六回に再び上本部が3点を追加して大きく突き放した。NYCは最終回、1死満塁のチャンスを迎えるも1点止まりで、反撃が及ばなかった。
 上本部の名城向主将は「6年生が足を引っ張ってしまい、試合内容は良くなかったが、正直優勝できてうれしい。来年の出場枠もあるので、後輩たちに頑張ってほしい」と喜んだ。
 金城忍監督は「最後の県大会出場を懸けた試合では予選で負け、悔しい思いをした。伊江島大会は全員で優勝を目標にしていたので達成できて良かった」と語った。(金城幸人通信員)


2年ぶり2回目の優勝を飾った上本部ドジャースの選手や保護者ら=10日、伊江村青少年旅行村野球場