スポーツ

初釣りで30.5キロのアーラ

 1月2日、初釣りで流し釣りに出掛けた又吉真之介さん。三重城漁港からアクア2で午前7時に出船、慶良間沖の水深50メートルのポイントで釣り始めた。

 午前11時ごろ、いきなり根掛かりのような重たいアタリ。アワセを入れると、ゆっくりと動き始め、リールからラインが引きづり出された。それを見ていた船長は大物と判断。シーアンカーを上げて、魚の動きに合わせて船で追った。30分程で浮いたのは30.5キロのアーラミーバイ。初釣りで奇跡の1匹を釣り上げた。アクア釣具店(電話)098(866)7811。
 9、10の2日間、M―1カップチヌ釣り選手権沖縄大会(主催マルキュー)が開催された。30センチ以上のチヌ5匹までの総重量を競うもので、220人余が参加した。優勝したのは3.17キロを釣った上原誠さん。午後9時30分に40センチ前後を釣り上げ、午前2時までには5匹を釣り上げた。
主な結果は次の通り。
▽1位・上原誠(5匹、3.17キロ)
▽2位・長田直哉(5匹、2.99キロ)
▽3位・山里公之(2匹、2.3キロ)
▽4位・宮里利幸(2匹、2.22キロ)
▽5位・仲里司(3匹、2.19キロ)
▽大物賞・城間勇輔(2.08キロ)
(おきなわ釣王国社・仲栄真修)


1月2日、慶良間沖で113センチ・30.5キロのアーラミーバイをテンヤ仕掛けで釣った又吉真之介さん

1日、泡瀬海岸で62センチ・3.4キロのタマンを釣った瑞慶覧朝健さん

3日、嘉手納海岸で69センチ・4.52キロのタマンを釣った高良実浩さん

10日、石川海岸で47.5センチ・2.08キロのチンシラーを釣ってM―1チヌカップで大物賞の城間勇輔さん

10日、浦添海岸で5匹総重量3.17キロを釣ってM―1チヌカップで優勝した上原誠さん

12月28日、慶良間で64.5センチ・3.75キロのムネアカクチビを釣った石川清久さん

2日、石垣島白保海岸で148センチ・29.7キロのロウニンアジを釣った小島大護さん

1月2日、金武海岸でオニヒラアジとコチを釣った吉田浩二さん

1日、与根海岸で25.3センチのキスを釣った荒瀬涼介君


琉球新報