政治

佐喜真、志村の2氏が届け出 宜野湾市長選告示

(左から)佐喜真淳氏、志村恵一郎氏

 【宜野湾市長選取材班】米軍普天間飛行場の返還・移設問題を最大争点にする宜野湾市長選が17日告示され、届け出順に再選を目指す現職の佐喜真淳氏(51)=無所属・自民、公明推薦=と、元県幹部で翁長県政与党の支援を受ける新人の志村恵一郎氏(63)=無所属=の2人が立候補を届け出た。24日に投票、即日開票される。

 普天間の辺野古移設をめぐり、移設推進の政府・与党が支援する佐喜真氏と、新基地建設反対を掲げて翁長雄志知事を支える「オール沖縄」が支援する志村氏の一騎打ちとなる公算が大きい。届け出は午後5時に締め切られる。
 2014年に辺野古移設反対を掲げて初当選した翁長知事の誕生後、県内では初の市長選になる。
 辺野古移設の推進か、それとも阻止か。両陣営を支える「政府・与党」対「翁長県政」の対決構図も鮮明になり、本格的な選挙戦が幕を開けた。【琉球新報電子版】



琉球新報