政治

佐喜真、志村の両氏が届け出後に第1声 宜野湾市長選告示

出陣式で第一声を発する佐喜真淳氏=17日午前、宜野湾市上原(左)。出発式で第一声を発する志村恵一郎氏=17日午前、宜野湾市普天間(右)

 【宜野湾市長選取材班】米軍普天間飛行場の返還・移設問題を最大争点にする宜野湾市長選が17日告示され、届け出を終えた現職の佐喜真淳氏(51)=無所属・自民、公明推薦=と、元県幹部で翁長県政与党の支援を受ける新人の志村恵一郎氏(63)=無所属=の2人の候補者は街頭で第一声を発して有権者に支持を呼び掛けた。

 同市上原での出陣式で、佐喜真氏は「止まっていた事業が動き出した。この流れを止めてはいけない。普天間飛行場のフェンスを取っ払うことがわれわれの願いで夢だ」と訴えた。
 同市普天間での出発式で、志村氏は「翁長(雄志)知事を支え、きっぱりと辺野古新基地建設は反対だと訴える。県と5年以内の運用停止実現に取り組んでいく」と強調した。
 立候補の届け出は午後5時に締め切られる。市長選は24日に投票、即日開票される。
 17日現在、市の選挙人名簿登録者数は7万3593人(男性3万5291人、女性3万8302人)。【琉球新報電子版】



琉球新報