スポーツ

名護漁港でチヌ連発

 冬場になるとチヌの数釣りが楽しめる名護漁港だが、昨年末からことしの初めは暖冬のためかポツポツしか釣れなかった。水温が下がり始めた1月16日にMFGの金城太志さん、奥間義諭さん、大田守士さんの3人はチヌ釣りに出掛けた。

 午前2時ごろから釣り開始。潮の流れに乗せてウキを流しているとスーッと消し込み30センチ前後のチヌが釣れた。その後も夜明けまでポツポツとチヌが釣れ大田さんが4匹、金城さんが3匹、奥間さんが2匹のチヌを釣った。
 夜明け前後には40センチ前後の良型のチヌが釣れるとのことで期待も高まる。午前6時52分に金城さんのウキが沈み、チヌ竿が奇麗な弧を描く。釣れたのは36センチほどのチヌ。午前7時に大田さんにカーエーらしき魚がヒットしたが痛恨のバラし。午前7時13分に奥間さんのウキが消し込み、竿が大きく曲がる。これがこの日最大の38センチほどのチヌで、午前8時に納竿した。チヌ釣りはこれからトップシーズンを迎える。
 1月1日~2月14日までの間開催されるオキナワエギングダービー2016の参加者を募集中。申し込み、お問い合わせは、シーランド、サンノリー、ステップ、寄宮フィッシングセンター各店へ。
(おきなわ釣王国社・仲栄真修)


1月16日、名護漁港で中型のチヌを数釣りした金城太志さん、奥間義諭さん、大田守士さん

16日、西洲海岸で47センチ・2.03キロほか3匹のガラサーミーバイを釣った岸本安輝さん

12月31日、うるま市屋慶名海岸で42センチのチヌを釣った森根涼人さん

1月16日、津堅沖でグルクンを餌に295センチ・41キロのバショーカジキを釣った宮城健二さん

8日、嘉手納海岸でタマンを数釣りしたチームAK TAMAN DREAMのメンバー

12日、渡嘉敷島で64センチ・3.82キロと63センチ・3.79キロのタマンと62センチ・2.92キロのムネアカクチビを釣った知念良弥さん

10日、金武海岸で2.7キロと1.7キロのアオリイカと61.6センチ・3.3キロのタマンなどを数釣りした仲宗根佑樹さん

10日、渡名喜沖で4.53キロのウムナガーとタマン等を釣った岡英輔さん(アクア2)

16日、西崎漁港内でアマイユーを餌に73センチ・2.63キロのコチを釣った滋賀県在住の松永政男さんと廣子さん


関連するニュース